ディープテックツアー for Business

東南アジア6カ国で最先端の知識をつかみにいく! 

東南アジア各国のディープテックを分野を超えて俯瞰することで、現地の課題やトレンドを理解し、新規事業の創出を目指すビジネスツアーです。2023年度は、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシア、タイの東南アジア5カ国で開催しました。

大好評ゆえ、2024年度も開催します。

現在募集しているのは、5月シーズンの2企画となります。東南アジアでイノベーションを生み出し、アントレプレナーシップを醸成してきたトップ2カ国、マレーシアとシンガポールです。ふるってご参加ください。

<募集中!>

■国・期間:
①マレーシア:2024年5月16日(木)〜17日(金)
②シンガポール:2024年5月23日(木)〜24日(金)

■費用:45万円/人(税抜) 早割適用の場合40万円/人(税抜)

■〆切:4月19日(金)18:00マデ   早割適用 3月15日(金)18:00マデ

■申込:株式会社リバネス 創業開発事業部 秋永( [email protected] )までお問合せください。申込書の雛形をお送りします。

*アカデミアの方は、現地のディープテック分野のベンチャー企業・アントレプレナーが集結するTECH PLAN DEMO DAYにも特別に見学参加いただけます。
①マレーシア:2024年5月18日(土)TECH PLAN DEMO DAY in MALAYSIA
②シンガポール:2024年5月25日(土)TECH PLAN DEMO DAY in SINGAPORE

メーラーが立ち上がらない場合は、[email protected] までメールをご送付ください。

次回:2024年5月16日(木)〜5月17日(金) 募集開始!

2024年2月22日(木)〜2月24日(土) 締め切りました

2023年10月11日(水)〜10月13日(金) 実施完了

 

【テーマ】ディープテックエコシステムとアントレプレナーシップ

マレーシアは、Look East Policyに加え、Industrial Master Plan 2030のなかで、高所得産業を生み出していくことを目指しています。電子工業・機械製造・パームオイル・食品等の既存産業のみならず、新エネルギーや航空宇宙産業の発展も計画に含まれています。本プログラムでは、マレーシアのディープテックエコシステムを知り、また現地の研究者やベンチャー企業からアントレプレナーシップを学びます。

次回:2024年5月23日(木)〜5月24日(金) 募集開始!

【テーマ】国家主導のイノベーション・オートメーション

シンガポールは、高度な教育をベースに有望な人材や研究技術を開発し、諸外国の資本家・企業からも注目を集めています。高度に集積した知識を元に、グローバルな社会課題に取り組もうとするベンチャーが企業が多く存在します。本プログラムでは、国家主導のイノベーションのキープレイヤーである政府系組織や、大学研究機関、各国企業とのビジネスを推進するベンチャー企業群を訪問します。

2023年10月31日(木)〜11月2日(土)

<満員御礼!> 実施報告はこちら

2023年11月9日(木)〜11月11日(土)

【テーマ】島嶼国のアグリテック・アクアテック

近年発展が著しいフィリピンですが、農林水産分野に関しては人手に頼った工程も多く残り、テクノロジーの導入は進んでいません。一方で日本発のテクノロジーをフィリピンの社会課題解決に活かすチャンスが多くあります。本ツアーでは、農林水産分野の現場、現場にテクノロジーの導入を進める現地ベンチャー企業、そして政府関係者を訪問します。

<満員御礼!>

2023年11月16日(木)〜11月18日(土)

【テーマ】島嶼国のアグリテック・アクアテック

東南アジアで最も人口増加の著しいインドネシアにおいて、それを支える農業や水産業における生産革新は喫緊の課題です。本ツアーでは島嶼国特有の運輸や輸送における課題を踏まえつつ、課題解決に取り組む農林水産分野の現場、現場にテクノロジーの導入を進める現地ベンチャー企業を訪問します。

<満員御礼!> 実施報告はこちら

2023年11月23日(木祝)〜11月25日(土)

【テーマ】物流・インフラ・モビリティテック

バンコクを中心に都市部では世界でワースト1と呼ばれるほどの渋滞が課題となっており、物流インフラの改革や新規モビリティに関する関心が高まっています。また、財閥企業を中心とした商品の物流にもようやくテクノロジーの導入の機運が高まっています。本ツアーでは財閥系企業や、政府関係者、そして財閥系企業との取引を行うベンチャー企業へ訪問します。

<満員御礼!>

2024年2月1日(木)〜2月3日(土) 締め切りました

【テーマ】農業・水産業

ベトナムは、経済成長の主な原動力として“科学・技術・イノベーション(STI)”を3本の柱とすることを掲げています。今回は「農業・水産業」をテーマに掲げ、ベトナムの発展を支えてきた農業や水産業における、最新の研究や技術動向、生産現場の課題について学びます。現地政府機関、インキュベーター、大学を訪問し、キーマンを発掘することで、新規事業の創出につなげることができます。

本プログラムの特徴

1.ブリッジコミュニケーターが議論・交渉を支援
新規ビジネスやディープテックベンチャーとの接点が豊富なリバネスのサイエンスブリッジコミュニケーターが、訪問先での議論を支援します。

2.ツアー参加者が現地で自己紹介する機会が多数
訪問先では、必ず自己紹介プレゼンをしていただきます。現地のキーパーソンに、自社の強みや東南アジアで実現したいことを伝える機会が多数あります。

3.現地の課題、トレンドを知り自分ごとにする機会
訪問先の政府機関、ベンチャー企業、研究者が語る現地の課題を、一次情報として捉え、自分たちは日本から何ができるか一緒に考えます。

お問合せはこちら

株式会社リバネス グループ開発事業本部 秋永・武田

Email: [email protected] Tel: 03-5227-4198