• HOME
  • スタートアップファクトリー構築事業報告会

スタートアップファクトリー構築事業報告会

日 時:2019年2月8日(金) 14:00~17:00 (交流会 16:00 ~ 17:00)

会 場:センターオブガレージ https://co-g.work/

(〒130-0003 東京都墨田区横川1-16-3 押上駅・本所吾妻橋駅下車10分)

対 象 :スタートアップ企業、町工場、大手企業、自治体(150名程度)

趣 旨:株式会社リバネスは、経済産業省の「平成29年度 グローバル・ベンチャー・エコシステム連携加速化事業費補助金 (スタートアップファクトリー構築事業)」に、株式会社グローカリンクならびにスーパファクトリーグループの株式会社浜野製作所、成光精密株式会社、株式会社木幡計器製作所とともに事業者として採択され※、スタートアップのものづくり支援を行なっております。7月に採択されてから半年間、個別ベンチャーの支援モデルの開発、ならびに開発支援体制の整備を行なってまいりました。本会では、各社の成果発表を行うとともに、日本の町工場との連携により、事業が加速した5社の事例を発表いただきます。これらの取り組みを通じ、世の中を変えるために不可欠な「もの」づくりの加速と未来について考える場を提供いたします。

第1部

14:00

スタートアップファクトリー事業の可能性について 

経済産業省 商務情報政策局 情報経済課
課長補佐 内藤禎俊

14:10

スーパーファクトリーグループによるスタートアップファクトリー構築事業の挑戦

株式会社グローカリンク 代表取締役 長谷川和宏

14:20

匠助言サービス(仮)を提供開始
~製造現場に立脚したものづくりの知見でスタートアップの開発を加速!

株式会社浜野製作所 経営企画部 小若雅伸

14:30

産学官連携で取り組む新事業と民間初の知財相談窓口の開設

株式会社木幡計器製作所 代表取締役 木幡 巌

14:40

地元と企業との地域連携
~課題解決策の早期社会実証・実装加速できるまち~

成光精密株式会社 代表取締役 高満 洋徳

14:50

スタートアップとのセミナーを通じたコミュニケーション教育と実践

株式会社リバネスものづくり研究センター センター長 藤田大悟

第2部

15:10

ミライを変えるモノづくりベンチャーのはじめ方 

株式会社リバネス代表取締役グループCEO 丸幸弘

15:20

特別講演 

アイデアから形にできるスーパーファクトリーの力

株式会社オリィ研究所 代表取締役CEO 吉藤健太朗氏

15:35

連携事例1 

Telexistence株式会社(×株式会社浜野製作所)

15:42

連携事例2  

株式会社エアロネクスト(×小橋工業株式会社)

15:49

連携事例3 

ハイラブル株式会社(×有限会社HINODE)

15:56

連携事例4  

株式会社ラングレス(× iworks、二松電気株式会社)

16:03

連携事例5  

株式会社ポーラスター・スペース(×墨田加工株式会社)

第1部

株式会社グローカリンク 代表取締役 長谷川和宏

東京都立大学大学院工学研究科修士課程修了、修士(工学)。修士1年よりリバネスに参加し、その後リバネス初の新入社員として入社。人材開発事業部を立ち上げ、2012年より執行役員に就任。同年より大阪事業所の立ち上げに関わる。2013年より東京本社に異動し、ものづくり分野のインキュベーション事業、産学連携事業、ものづくり企業の活性化などを担う。 https://glocalink.com/

株式会社浜野製作所 浜野製作所 経営企画部 小若雅伸

「おもてなしの心」を経営理念とし、さらに「製造業はサービス業である」をモットーに、 レーザー加工・金型・精密板金・プレス加工を手がける、地道な事業の一方で、産学官連携として電気自動車 「HOKUSAI」、深海探査艇「江戸っ子一号」、異業種連携としてアウトオブキッザニアによる工作教室、工場巡りツアー・スミファを主催する「配財プロジェクト」など、多数のプロジェクト事業に取り組んでいる。墨田区「フレッシュゆめ工場」「すみだがげんきになるも のづくり企業大賞」などさまざまな賞を受賞。サービス業を追及し、働いているスタッフが誰 よりも楽しむことができる、「製造業版ディズニーランド」を目指し日々活動を行っている。https://hamano-products.co.jp/

株式会社木幡計器製作所 代表取締役 木幡 巌

大阪市大正区で創業110年の老舗圧力計専業メーカー7代目社長。「錨印の圧力計」を造り続け、近年はベンチャーマインドで、IoT分野や医療機器分野の製品開発推進。2018年4月、Garage Taisho(ガレージ大正)をオープンし、IoT関連技術や医療機器製造開発を中心にものづくり支援を展開。地元、大阪市の湾岸エリアに集積するものづくり企業の活性化のために、区役所や各種団体と連携し、「大正・港ものづくり事業実行委員会」の委員長としても、地域活性化に取り組んでいる。https://kobata.co.jp/

成光精密株式会社 代表取締役 高満 洋徳

2001年に大阪市港区で産業用工作機械の部品加工業を始める。2007年に法人化(社名:成光精密株式会社)現在、プロトタイプ品を主に製作。オープンイノベーションによる新しい製品の企画・開発に向けて、多様な企業、大学・研究機関等と交流を行う拠点としてGarage Minato(ガレージミナト)を立上げ、DeSETプロジェクトへ参画し、世界のものづくりの課題を解決すべく取り組む。http://www.seikouseimitsu.com/

株式会社リバネスものづくり研究センター センター長 藤田 大悟

東京工業大学大学院生命理工学研究科修了、修士(工学)。日本科学未来館のボランティアの立上げ、科学イベントサークル東工大ScienceTechno設立、初代代表。 リバネスには創業時に参画し、宇宙教育プロジェクト、小学生向けのロボット教室、日テレリアルロボットバトル企画、他100近い企業の教育プログラムの開発を手がける。現在は、ものづくり研究センターを立ち上げ、世界中のベンチャーが求めるプロダクトを町工場と先端技術で最速で形にするしくみを研究開発。https://lne.st/institute/mri/

第2部

株式会社リバネス代表取締役グループCEO 丸幸弘

東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻博士課程修了、博士(農学)。大学院在学中に理工系学生のみでリバネスを設立。日本初「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化。大学・地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出す「知識製造業」を営み、世界の知を集めるインフラ「知識プラットフォーム」を通じて、200以上のプロジェクトを進行させる。ユーグレナなど多数のベンチャー企業の立ち上げにも携わるイノベーター。https://lne.st/

株式会社オリィ研究所 代表取締役CEO 吉藤健太朗氏

奈良県葛城市出身。小学5年~中学3年まで不登校を経験。高校の3年間、電動車椅子の新機構の発明を行い、国内最大の科学コンテストJSECにて文部科学大臣賞、世界最大の科学コンテストIntel International Science and Engineering FairにてGrand Award 3rd を受賞、その際に寄せられた相談と自身の療養経験から、孤独の解消を志す。高専にて人工知能を研究した後、早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした分身ロボットの研究開発を独自のアプローチで取り組み、2012年株式会社オリィ研究所を設立。

Telexistence株式会社 共同創業者  Chief Product Officer 佐野 元紀氏

東京大学 情報理工学系研究科にて修士修了後、2011年ソニー入社。業務用カメラの開発を行う。映像処理ASIC/FPGAの開発といった半導体論理、回路設計、業務用カムコーダのHWシステム設計、放送向け映像伝送クラウドシステムの開発と、多くのレイヤーの技術開発を担当。2016年より日本のHWスタートアップであるFOVEにて、VRヘッドマウント・ディスプレイの製品化にTechnical Directorとして従事。2017年に東京大学 名誉教授 舘博士らの研究するテレイグジスタンス技術の事業化を目指すTelexistence社を共同創業。CPOとして製品開発を牽引する。https://tx-inc.com/

株式会社エアロネクスト 代表取締役CEO 田路圭輔氏

兵庫県姫路市出身。大阪大学工学部建築工学科卒。1991年、株式会社電通入社。主にセールスプロモーション領域の業務に従事した後、新規事業開発を担当。 1999年、テレビ放送のデジタル化を契機に電子番組表(EPG)に着目し、電通と米国ジェムスター社の合弁で株式会社インタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)を共同設立。代表取締役社長としてEPGのデファクトスタンダードとなった「Gガイド」の普及・市場化を実現。 2017年7月、株式会社DRONE iPLAB(DiPL)を共同創業し、取締役副社長に就任。DiPLとの資本業務提携を機に同年11月より株式会社エアロネクストに代表取締役CEOとして参画。https://aeronext.blue/

ハイラブル株式会社 代表取締役 水本武志氏

2006年に大阪府立工業高等専門学校を卒業し、2013年に京都大学大学院 情報学研究科 知能情報学専攻 博士後期課程修了。博士(情報学)。2011年より学振特別研究員DC2採用。2013年4月から2017年5月まで(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン リサーチャ。2016年11月にハイラブル(株)を創業し、学校・研修などの場でのべ6000人以上の議論を分析。https://www.hylable.com/

株式会社ラングレス 

代表取締役CEO 山入端佳那氏

外国語大学にて異文化コミュニケーションを学んだ後、株式会社リクルートコミュニケーションズにて、人の心が動く動機や価値観を探る業務に従事。2017年よりの心の解析をする製品開発に魅力を感じ、株式会社イヌパシーに参画。2018年、株式会社イヌパシーの代表取締役に就任。同時に同社は株式会社ラングレスと改名し、「Language less communication言語なしでも伝わる未来」をミッションと掲げる。http://langualess.com/

株式会社ポーラスター・スペース 代表取締役 中村隆洋氏

防衛大学校理工学部航空宇宙工学科卒業ご、青山学院大学 理工学研究科 機械工学専攻 博士前期課程修了。三菱電機エンジニアリング株式会社にて情報収集衛星やひまわり7号、JAXA技術試験衛星衛の衛星開発プロジェクトに参画。2006年、検索エンジン ムーター株式会社代表を務め、2017年に衛星を活用した課題解決型事業を手掛けようとポーラスター・スペースを立ち上げ現職に至る。http://polarstarspace.com/

(主催)株式会社リバネス