知識創業研究センター/オープンラボ

バイオテクノロジー領域の研究環境の新たな価値観を作る

バイオテクノロジー領域の研究の可能性を広げたい。
大学の外でバイオ関連の研究を始めるには、実験台や実験機器などのハードをそろえなければならないという課題にぶつかります。このハードルを下げることで、まだ世に出ていない技術シーズやアイデアをより多く形にすることができると考えています。
知識創業研究センターでは、傘下のバイオガレージ研究所あるいは連携先が保有する実験施設や機器のインフラを利用できる機会を提供するとともに、バイオガレージ研究所でこれまで培ってきたラボ運営に関するノウハウを活かすことで、新たなテクノロジーや異分野融合の研究を推進してまいります。

オープンラボの活用

バイオガレージ研究所が運営しているバイオテクノロジーラボ(場所:東京・飯田橋)と、リバネスマレーシアが運営しているNEST-Bio Venture Lab(場所:マレーシア・クアラルンプール)の2箇所のラボが現在利用可能です。いずれも実験台を標準で備えていることに加え、標準的なバイオテクノロジーに関する実験装置をそろえている点が特徴です。料金および機器については下表を参照ください。

ラボ名 バイオテクノロジーラボ NEST-Bio Venture Lab
場所 東京都新宿区下宮比町1-4 飯田橋御幸ビル4F(リンク UTM Kuala Lumpur, Jalan Sultan Yahya Petra,
Kampung Datuk Keramat,
54100 Kuala Lumpur
基本利用形態 1ベンチ(+1デスク) 1ベンチ(+1デスク)
利用料金(税別) 130,000円/月(ベンチ)
30,000円/月(デスク)
130,000円/月(ベンチ)
30,000円/月(デスク)
※リバネスジャパンとの契約です
利用可能機器
※費用の範囲内で利用可能なもの
・クリーンベンチ
・小型遠心分離機
・オートクレーブ
・インキュベーター
・CO2インキュベーター
・低温フリーザー
・ディープフリーザー
・4℃チャンバー
・純水・超純水装置
・サーマルサイクラー
・電気泳動槽(DNA、タンパク質)
・吸光光度計
・倒立顕微鏡
・ボックス型蛍光顕微鏡
・リアルタイムPCR
・マルチプレートリーダー
・イメージアナライザー
・クリーンベンチ
・4℃チャンバー
・低温フリーザー
・ディープフリーザー
※その他はご相談ください。

その他詳細に関するご質問、見学のご相談はお問い合わせください。

ラボの内観

バイオテクノロジーラボ@飯田橋

NEST-Bio Venture Lab@クアラルンプール

共同研究の推進

バイオテクノロジーラボおよびNEST-Bio Venture Labでは、新規の研究開発シーズのフィージビリティースタディーを共同研究の形で行なっています。関心のある方はお問い合わせください。