2012/7/14教員向け無料実験研修「授業で使える!放射線実験」

【概要】

日時:2012年7月14日(土)13時30分〜17時00分

場所:ケニス株式会社東京本社

内容:放射線の種類と原理、霧箱の作成、測定器による計測、原子力発電について

対象:中学校、高校、高等専門学校教員

参加者:20名

リバネスの藤田です。

福島原発の事故の栄養で、日本中の教育界で「放射線」について正しく理解し、学ぶ機会が増えてきています。リバネスでも、放射線関係の教材が充実しているケニス株式会社様の協力で、教員向け無料研修会が開催されました。

当日は、turningpointと呼ばれる、オーディエンスレスポンスシステムを使って意識調査を匿名で行った後、放射線の種類と働きについて学んでもらいました。その後、「霧箱」の作成実験を体験。必要な線源の種類や、より軌跡を見やすくするため静電気を減らす工夫などを紹介させていただきました。

後半ではデジタル放射線測定器(シンチレーションカウンター)を用いて、様々な自然線源を測定し、リアルタイムな情報を体感することができました。アンケートにも「付属説明書だけでなく、今日のような実験の実演で説明していただけると嬉しい」や「1つのテーマの情報をまとめて学べるのでありがたい」など意見をいただきました。