ホーム プレスリリース 7/28 リバネス教育総合...

7/28 リバネス教育総合研究センターの藤田がベトナム国立タイソン中学校で水質調査の研究教室を行います

109
0
シェア

教育総合研究センターでは、国内外の新しい教育のしくみを作るべく様々な研究を行なっております。昨年採択された、経済産業省による平成 28年度「技術協力活用型・新興国市場開拓事業費補助金(社会課題解決型国際共同開発事業)」である「飛びだせ Japan! 世界の成長マーケットへの展開支援補助金」事業で開発した理科教育プログラムを活用し、センター長の藤田がダナン市を訪問し、タイソン中学校にて独自で研究教室を開催することになりました。

今回行う研究教室は「水質調査研究」です。ベトナムでの下水道の整備は都市部でも20-30%と非常に低い状況になっております。そのため、水質汚染などはかなり課題になっており、それらの課題を解決できるような教育や技術開発が必須となります。そこで、理科教育にもちからを入れようとしている国立のタイソン中学校の要望もあり、ダナン市内の水質調査をおこなうための基礎と研究方法を学ぶプログラムを実施します。

今回の教室の特徴は、単発イベントではなく、ここで研究手法を学んだ後に、学校でプロジェクトチームを作り「水質研究プロジェクト」として地元の中学生が地域の課題解決のための調査にのりだすことです。具体的な地域の課題を学びながら研究を行い、成果を還元する。まさにリバネスが提案しているResearch Based Education の実戦となります。国連が提唱している世界の課題SDGsの一つにも水問題は挙げられており、世界規模の課題解決の一歩を踏み出します。教育総合研究センターではそのような社会課題を解決できるような教育の仕組みを次々に生み出せるような研究を今後も展開してまりいます。

【実施概要】

日時:2017年7月28日(金)14:00-16:00

場所:タイソン中学校 中学2、3年生 20名

内容:水質調査、水質浄化に関する研究教室

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事【実施報告】熊本から世界を変える12チームの研究者・技術者がプランを披露。
次の記事7月29日(土)TECH PLAN DEMO DAY in SINGAPORE 2017 開催

藤田 大悟/Daigo Fujita 教育開発事業部 / リバネス教育総合研究センター センター長
広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。
国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館などの企画を手がけています。
日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの方の知り合いが多い。

コメントを残す