ホーム プレスリリース ベトナムダナン市タイソン中...

ベトナムダナン市タイソン中学校で水質調査研究教室実施ー8/15 23時よりテレビ東京WBS放映予定

424
0
シェア
参加生徒との集合写真

リバネス教育総合研究センターでは、昨年よりベトナムにおける科学教育プログラムの展開に関して検証をしております。(経済産業省補助事業「飛び出せJAPAN!」に採択ーベトナムの次世代育成と科学技術の発展に貢献すべく教育プログラムを試行実施

2017年7月28日にセンター長の藤田がダナン市を訪問し、タイソン中学校にて独自で研究教室を開催しました。今回のテーマは「水質調査研究」です。ベトナムでの下水道の整備は都市部でも20-30%と非常に低い状況になっております。そのため、水質汚染などはかなり課題になっており、それらの課題を解決できるような教育や技術開発が必須となります。そこで、理科教育にもちからを入れようとしている国立のタイソン中学校の要望もあり、ダナン市内の水質調査をおこなうための基礎と研究方法を学ぶプログラムを実施するに至りました。

当日は20名の生徒に加え多くの先生方が見学にこられて、パックテストを活用した水質調査の方法や、浄化方法について学びました。とくに、近隣のハン川やため池が非常に汚れていることが判明し、どのように対策を取れば良いかを子供達も共に考える機会になりました。また、日本の最先端の水浄化技術について社の遠心浄化装置を紹介させていただきました。自分たちの地域の課題について自ら学びながら研究を進めていくResearch Based Educationの場となりました。今後、先生にノウハウを移転することができたため、学校でも継続的に研究を進めていく予定です。

ベトナム現地のスタッフをトレーニングしてアシスタントになってもらいました
受講証明書をわたし、研究者として研究を続けてもらいます
ヴァンテック社の遠心分離式高性能個液分離装置の紹介

リバネスではこのような国内外の社会課題を子ども達も巻き込んで研究をする活動共に行うパートナーの企業や研究機関を募集しております。ご興味のある方はぜひお声がけください。

<実践事例>

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事8月9日 マリンチャレンジプログラム関東大会 〜海と日本プロジェクト〜開催しました。優秀賞は千葉大学教育学部附属中学校、富山県滑川高校、かえつ有明高等学校 に決定!
次の記事若手研究者を応援するリバネス研究費ディープラーニング賞を開始!

藤田 大悟/Daigo Fujita 教育開発事業部 / リバネス教育総合研究センター センター長
広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。
国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館などの企画を手がけています。
日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの方の知り合いが多い。

コメントを残す