キャリアディスカバリーフォーラム2020を実施しました

キャリアディスカバリーフォーラム2020を実施しました

株式会社リバネスでは6月20日(土)、TKP市ヶ谷カンファレンスセンターにて研究者の新たな活躍の場を発見する「キャリアディスカバリーフォーラム2020」を実施しました。

本フォーラムは、「若手研究者の新たな活躍の場を発見する」コンセプトで、2017年より開催している若手研究者のためのキャリアフォーラムです。

本年度は、新型コロナウイルス感染症対策のロードマップに従い、会場参加人数を会場定員の半分以下とし、オンラインとリアルな場での参加を併用する初めての試みを行いました。

本年度のテーマは「今、一歩踏み出せる場所を見つけよう」。当日は、26社の企業と67名の参加者が会場に集まり、オンラインにて76名が参加しました。

<開会式・オープニングセッション>
「研究者は社会で即活躍できる!〜最初の一歩の踏み出し方〜」
株式会社グリーンエース 代表取締役社長 石川 慎之祐 氏
筑波大学システム情報工学研究科 博士後期課程 坂本 航太郎 氏
楽天株式会社 常務執行役員 テクノロジーディビジョンCDO 北川 拓也氏
モデレーター:株式会社リバネス 代表取締役副社長 CTO 井上 浄

社会で研究者として活躍し、実社会での課題解決に挑戦している3名から、自分が一歩踏み出した瞬間や、踏み出したときの気持ちなどについてお話いただきました。3名からは「研究者にはこれから活躍の場しかない!」「リスクの先にチャンスがある」「追い込まれたときが一歩踏み出したとき」など、一歩踏み出す時の独自の視点が展開されました。

 

<キャリアディスカバリースプラッシュ>
参加企業による1分間のピッチを行いました。参加者は、このピッチを見ながら当日行きたいブースを決定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

<ブースセッション・ワークセッション>
ブースセッションで、参加企業と参加者が自分たちの研究で目指す世界について議論した後、ワークセッションにて、具体的に一歩踏み出せるアクションを考えました。オンラインブースでは全国から登録のあった若手研究者との議論が行われました。

 

<閉会式>
閉会式にて、参加者の次の一歩目についてインタビューを行いました。「●●社と共同研究します!」「今度●●社に訪問することが決まりました!」など参加企業との一歩目を宣言していました。

<問い合わせ>
https://cdf.lne.st/
株式会社リバネス 人材開発事業部 [email protected] (環野)