ホーム プレスリリース 日本ライフサイエンス教育振...

日本ライフサイエンス教育振興協会理事に弊社執行役員の坂本が就任いたしました

86
0
シェア

株式会社リバネスはメディカル・ヘルスケア分野の人材育成を行うことを目的とした「日本ライフサイエンス教育振興協会」の一員に加わり、理事に執行役員CROの坂本真一郎が就任したことをお知らせします。

日本ライフサイエンス教育振興協会新任理事:株式会社リバネス執行役員CRO 坂本真一郎

一般社団法人日本ライフサイエンス教育振興協会は、メディカル・ヘルスケア分野の人材育成を行うことを目的に2015年8月に設立されました。
現在、武田薬品工業株式会社、株式会社パソナ、ワールドキャリア株式会社、株式会社リバネスが理事を務めています。武田薬品工業株式会社と株式会社リバネスが共同で開発したビジネスシミュレーション「MITG」の提供を中心に、メディカル・ヘルスケア分野の人材育成に貢献することを目指して活動しています。

法人名:一般社団法人日本ライフサイエンス教育振興協会
代表幹事:阪口克己(武田薬品工業株式会社)
住所:〒100 – 8228 東京都千代田区大手町2-6-4
URL:http://www.alse-japan.org/

<MITGについて>

図4
MITGは武田薬品工業株式会社と株式会社リバネスが共同で開発した、世界で唯一の製薬ビジネスシミュレーションです。
製薬ビジネス特有の医薬品開発、販売、事業リスクなどを要素として盛り込み、製薬ビジネスへの理解を深めるとともに、他部門への理解やコミュニケーションの重要性、さらには経営視点の獲得にも繋がることから、武田薬品の社内研修として活用されています。

MITG2 MITG5



<MITGの特徴>
・4名1チームで製薬企業の特徴的な4つの部門(研究開発、販売、製造、経営戦略)をそれぞれ担当します。これにより、メーカーの典型的な経営の疑似体験が可能です。
・時間軸を導入しているので、中長期的なビジネスの疑似体験ができます。短期的な視点に陥りがちな若手社員にも、中長期的な視点が求められるマネージャー層にも非常に効果的です。
・結果を元に作成されるPL、BSを見ながら、財務視点の育成も可能です。リソースの適切な配分に関する感覚を疑似体験することができます。
・社内での予算上のコンフリクトをいかに解決するかなど、他部門理解や社外とのコミュニケーションの重要性も体感できます。
・シミュレーションの各種決定と結果を元に行われる擬似株主総会では、売上や開発状況などの結果に対する説明責任を求められ、経営者の視点と株主の視点も学ぶことに繋がります。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社リバネス
研究開発事業部
電話:03-5227-4198
E-mail:[email protected]
お問い合わせフォーム → https://lne.st/contactus/

Pocket
LINEで送る

コメントを残す