【ESG活動】企業ビジョンと技術を次世代に伝えるSTEAM教育動画コンテンツ開発サービスを開始しました

【ESG活動】企業ビジョンと技術を次世代に伝えるSTEAM教育動画コンテンツ開発サービスを開始しました

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長COO:髙橋 修一郎)は、この度、企業の創業エピソードやコア技術、SDGs活動を題材にした、中学・高校の授業で活用できるSTEAM教育動画コンテンツ開発サービスの提供を開始します。

企画背景

全国の中学・高校では探究型学習の取り組みが進み、答えを学ぶのではなく、答えのないことに自ら問いを立て、課題解決を実践しながら学習することに重点が置かれています。こうした探究型学習の実践のためには、企業等が取り組むSDGs活動などの生きた教材が有効ですが、それらが教育現場に届けられる機会は不足しています。そのような背景を踏まえ、経済産業省が主導の元、教育コンテンツのオープンプラットフォーム「STEAMライブラリ」が公開されました。リバネスでは令和2年度に経済産業省からの採択を受け、「ベンチャー企業のビジョンと技術を題材としたSTEAM教育コンテンツ」の開発を行いました。

リバネスは設立以来、学校向けの出前実験教室の実施や、大学等研究機関や企業と連携した学校教員向け研修会も多数開催してまいりました。また、「ゆめちから栽培研究プログラム(敷島製パン株式会社・株式会社リバネス)」をはじめ、企業の持つアセットを題材にした実験教室や課題研究プログラムの開発を行っており、社会課題と科学・技術の接点を子ども達と考えるCSR活動の支援にも携わってきています。そして、これらをさらに発展させる活動として、企業が挑戦する社会課題の解決を題材に次世代が探究的に学習できる「STEAM教育動画コンテンツの開発サービス」を提供します。新しい探究型学習コンテンツを教育現場に提供することにより学びの多様化に寄与するとともに、企業が行う社会課題解決の事業を次世代に認知してもらう活動になり得ると考えております。

本サービスの企画概要

本サービスでは、中学生・高校生向けの「科学技術を用いた社会課題への取り組み方」を理解できるSTEAM(※)教育動画、実験、ワークシートを開発します。開発された教育コンテンツは、リバネスの教育プラットフォームを通じて、全国の中学・高校の探究学習の授業で扱われます。このコンテンツを通して、社会課題についての探究学習、課題解決に向けた試行錯誤、科学技術の体験学習といった学びを次世代に提供します。また、学校教員が授業で扱いやすいように、指導案の設計、授業運営マニュアル、テキストの開発も並行して実施します。これらのコンテンツを通して、未来を創る当事者育成を加速できることから、企業のESG経営に対する認知拡大に寄与し、企業価値を高めることにつながります。また、開発のプロセスに社員を参加させることで人材育成のプロジェクトとして実施することが可能です。自社のビジョンや技術を子どもたちにわかりやすく伝えるべく検討する中で、「所属する会社」や「仕事観」についての理解を深め、仕事に誇りを持つことにつながります。

(※)STEAMとは

「STEAM」(Science(科学),Technology(技術),Engineering(工学),Arts(人文社会・芸術・デザイン)and Mathematics(数学))は、世界共通の教育改革のキーワードです。この言葉は、工業化社会での均質な労働力輩出に適合した「教科タテ割りの、詰め込み勉強」から、 人がAIと第四次産業革命の世紀に価値を生み出す力を養う「学際研究的で、創造的な学び」へとシフトさせていく考え方です。日本でも、高校では2022年度から「総合探究」「理数探究」「公共」の新教科もスタートし、小学校・中学校でも探究的な学びが重視されていきます(経産省「STEAMライブラリー」リリースより引用)。

▲探究学習の連続授業で活用されることを想定

▲企業の代表者がビジョンや技術について語る動画

▲社会課題の探究学習、実験を通じた科学技術の体験学習コンテンツとして落とし込まれる

本サービスの流れ

本サービスでは、企業の歴史や、保有技術についてのヒアリングを行いながら、どのようなSTEAM教育コンテンツが開発しうるかディスカッション行い、企画を立案します。企画を元に授業カリキュラムとコンテンツの設計・制作を行い、学校現場での実証を通して効果と改善点を検証した上で、最終的には全国の学校へ教育コンテンツが展開されます。

<サービス提供の流れ>

(1)STEAM教育コンテンツを通して発信したいテーマの探索・企画立案

(2)授業カリキュラムと制作する教育コンテンツの設計

(3)動画の撮影・編集

(4)教員向けマニュアルの制作

(5)3校の学校現場での実証

(6)全国の中学・高校への展開、リバネスの刊行冊子等での広報

 

<想定成果物>

・STEAM教育コンテンツ(動画、ワークシート、テキスト)

・教員向け補助資料(指導案、先生向け運営マニュアル)

▲サービス提供の流れ

お問い合わせ

詳しい内容、費用のお見積もり等については、以下までお問い合わせください。

株式会社リバネス

担当:内山、藤田

連絡先e-mail: [email protected]

電話番号: 03-5227-4198