主体性や学びに向かう力「ワクワク」見える化サービス

いま、学校では、知識と技能だけではなく、主体性や行動力、社会への関心など、 学校教育における「新しい学び」へつながるさまざまな取り組みが行われています。各学校が試行錯誤を繰り返す中で、どんな取組みが効果的なのか、生徒のど のような変化に繋がっているのか、依然手探りが続いています。そこで、リバネス教育総合研究センターでは、2018年から、社会心理学者の正木郁太郎氏と共同で、ものごとへの興味関心から主体的行動につながる「ワクワク」が重要なのではないか、という仮説から出発し、全国の先生方と一緒に約4000名の生徒のデータを解析して参りました。この度のサービスはその共同研究の成果をもとに開発されたものになります。また、この研究の成果は、日本心理学会第83回大会(2019年9月)、第16回日本こども学会(2019年10月)でポスター発表を行いました。

従来テストで数値化していた教科知識では測りきれない資質や経験を定量的に見える化することを目的としたこの研究では、最初は「ワクワクと主体的行動」の関係の解明から始まり、多くの学校と共同研究を進めるなかで、生徒の主体的行動に関連する多くの因子の特定を行いました。

そしてこの度、この4年間の研究に基づき、学力偏差値では表せない学びを定量化するサービスを始動します。

どんなときに使うものですか?

探究活動や行事を含めた学校の様々な取り組みが、 生徒たちの行動や考え方にどのように影響しているかを可視化します。

 

  1. 探究活動のプログラムを一新したタイミングなど、学校の新しい取 り組みの効果を見るために活用します。また、探究活動を通して養う生徒の主体性や行動力の推移などを参考とし、成績と合わせてプログラムや指 導方法の改善を議論するための土台として役立てます。
  2. 留学やイベントなどの行事など、特色ある取り組みの効果を見るために活用します。生徒の積極性や行動力の変化など、教科の知識に加え、学校が育成したい方向性へ近づけるための指標をとしても活用いただけます。

 

人数制限はありますか?

ありません。学校単位でのお申し込みとなります。お申し込みいただくと、人数に限らず事前と事後の合計2回の調査を受け、その結果をご覧いただくことができます。特定の学年やクラスのみの測定も可能です。

どんな指標がありますか?

生徒と学校の状態を、下記の4つのカテゴリで測定していきます。

どのようなレポートがでますか?

このようなレポートへ、事前面談に基づいた各学校の関心ごとに関する解釈のポイントを1校ずつ追記した形で提出いたします。

アンケートの概要

  • 設問数と所要時間 全21問 回答所用時間 15分〜20分程度
  • 設問項目 1)価値観 2)日頃の意識・姿勢 3)生徒の状態4)学校環境の4項目を構成する設問(複数もしくは選択制、段階形式、自由記述を組み合わたもの) 形式 Googleフォームを使ったオンライン回答。

費用

33 万円(税込)

上記費用には、事前1回、事後1回の2回測定、生徒の回答結果の書面によるご報告、事前打ち合わせ、事後打ち合わせのご面談が含まれます。

お申し込み、またはご案内希望受付フォーム

お問い合わせ

担当:株式会社リバネス
教育総合研究センター センター長 前田里美
〒162-0822  東京都新宿区下宮比町1-4 飯田橋御幸ビル4階・5階
TEL:03-5227-4198   FAX:03-5227-4199
E-mail: [email protected]