〔リバネスセンシズ〕生命科学と農業の融合で、ひとと地球の幸せを目指すひと(前編)

〔リバネスセンシズ〕生命科学と農業の融合で、ひとと地球の幸せを目指すひと(前編)

リバネスセンシズでは、リバネスメンバーのインタビューを通して、そのパッションを紐解き、実現しようとする個々の未来像をお伝えします。

塚田 周平(つかだ しゅうへい)
博士(農学)

専門分野:土壌微生物

(聴き手:佐野 卓郎)

塚田 周平(つかだ しゅうへい)さんは、地域での活動や農業における新技術導入などでは実績も経験も豊富だ。植物工場では、小型ユニットを飲食店などに展開し、「店産店消モデル」を丸さんと一緒に確立した。多くのメンバーが慕う、そんな塚田さんが目指すビジョンについて話を聞いてみた。

佐野:塚田さんがリバネスに来たときのこと、覚えてますよ。まだリバネスを立ち上げたばかりの頃、メンバーのほとんどが研究室に内緒にしていたんですよね。先生がどんな反応をするか分かりませんから。そんな中、丸さんが「後輩にちょっと強面のひとが入ってきたんだけど、もしかしたら彼は気づいているかもしれない」と言い出したんです。「巻き込むなら今のうちだ」と言いながら、でも強面だし声をかけようか迷っていたのを覚えています(笑)。

塚田:当時、リバネスはすでに新聞記事にもなっていましたし、隠せるわけないですよね(汗)。

佐野:そもそも、なぜ農学の道を選んだのでしょうか?

塚田:理科が好きだったんです。虫や恐竜や生物が大好きでした。昔、地球や自然史を描いた漫画本をもっていたのですが、高校生になってから、もう一度読み返したことがありました。そこには、地球と人類の関係が描かれていて、人類が農業をし過ぎると、地球から資源が奪われていき、やがて人類は農業をすることすらできなくなるという話が描かれていました。これはとても大きな問題だと感じたんです。
その後、現役受験に失敗した私は、なぜ自分は大学に行きたいのか、半日くらい父と共に考える時間をつくりました。今後益々生命科学が盛んになるだろう未来について。生命科学が何の役に立つのかを見極めたいという気持ち。遺伝子組換えもそうですが、社会の認知度が低いせいで広がっていない技術がたくさんあります。こうしたことから、ライフサイエンス+農業で貢献できる研究を考えることにしました。
ちょうどそんな折、父が私にある新聞記事を紹介してきました。そこにはパブリックアクセプタンス活動に関する話が書いてあって、私はその重要性にとても共感しました。これなら、自分の一生を捧げてもよいと思ったんです。その記事がリバネスのものでした。

佐野:塚田さんが来たときは、まだリバネスも会社っぽくなかったですよね?

塚田:まぁ、そんなことは分からなかったですね。会社とはどうあるべきかなんて考えていませんでしたから、「こういうものなんだ」程度にしか思っていませんでした。

佐野:インターンシップに参加して、どんな活動をしましたか?

塚田:インターンシップには修士1年から博士の終わりまで、博士論文の期間だけは一旦研究に専念しましたが、長い期間参加していました。そこで、数え切れないくらい実験教室をやりましたね。自分のそもそものモチベーションに近い活動だったんですよ。科学技術をわかるようにちゃんと伝えて、子供たちや学校の先生、一般の人たちなどにちゃんと理解してもらうことは、とても重要だと考えていましたから。

 

後編

Pocket
LINEで送る