ホーム サービス ダイゴの大実験 宝石を手に入れる実験大公開...

宝石を手に入れる実験大公開! アコヤガイから真珠をGET〜ダイゴの大実験Part.3

976
0
シェア

こんにちは、ダイゴです。

今月からスタートした「ダイゴの大実験」も第3段。おかげさまで多くの方から、これやって!というリクエストもらっています。是非リバネスTVを登録して、コメントください。

 

さて、今回はなんと「宝石を手に入れる実験」です。

鉱物を割って手にいれるのではなく、生き物が創りだす宝石です。伊勢志摩のアコヤガイを手に入れましたので、解剖&真珠の取り出しに挑戦しました。

今回面白かったのは、真珠を取り出すだけでなく、アコヤガイの解剖をしながら、貝の体の構造を学べることです。人間と同じように、口、胃、腸、肛門、心臓、足があります! 生物の神秘ですね。

是非御覧ください!

 

どうやって真珠が作られるのか。

説明しきれなかったので解説します!

真珠を創るためには「ドブガイ」という貝を丸く削ってそれを核にします。その核に「外套膜」という殻の表面についたひだひだを少し取り付けます。「外套膜」は通常貝殻を大きくするための成分(コンキオリンというタンパク質)と炭酸カルシウムを層状に分泌します。真珠を作るときはその「外套膜」の貝に付いている側を核の内側にとりつけます。そして、アコヤガイの卵巣にいれると「外套膜」が核を覆い、そこから内側に貝殻の成分を分泌し始めます。つまり、貝殻を内側につくっている感じです。

ミクロン単位の膜がどんどんでき、それが層状にかさなっていきます。それを「巻く」を表現します。その「巻く」数が1年かけて1000くらい層になると、キラキラ輝く真珠ができあがります。

タマムシ色になるのは、それ自体が色があるのではなく、「構造色」という層の中の光の反射が原因で起こります。CDやシャボン玉が同じように輝くのと同じ原理です。

人の顔が見えるくらいの輝きができると成功のようです。成功率は大体10%くらいのようです。今回はすこし形はいびつですが、大成功でした!

 

ちなみにアコヤガイのDNAの解析は2012年に沖縄科学技術大学院大学で行われたり、形成に必要なタンパク質が2009年に解明されるなど日本が非常に貢献しています。

バイオミネラリゼーション(生物が鉱物を創る現象)の世界はまだまだ謎が一杯!

 

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事【レポート】産学協働イノベーション人材育成協議会が発足
次の記事MITメデイアラボ流子育てからみる海外キャリアの意味

藤田 大悟/Daigo Fujita 教育開発事業部 / リバネス教育総合研究センター センター長
広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。
国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館などの企画を手がけています。
日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの方の知り合いが多い。

コメントを残す